logo

南原貴裕が絶賛した陰陽師安倍晴明ツアー


皆さんは安倍晴明という人物をご存知でしょうか。
彼は平安時代陰陽師として活躍した人物の一人で、
その天才的な知を持って、呪いをかけた多くの陰陽師を破ってきた、
神童に呼ぶにふさわしい実力者です。
南原貴裕は安倍晴明の大ファンで、安倍晴明が眠るとされる
「安倍晴明公嵯峨墓所」にいつか行ってみたいと考えていました。

しかしその機会が偶然にも訪れ、それは京都の観光で人気ツアーとなっている、
「陰陽師安倍晴明ツアー」と呼ばれる観光ツアーに、
南原貴裕は先日参加してきました。
色々な箇所を回り込みましたが、今回は一部分だけ紹介したいと思います。
※紹介していない箇所については、後ほどブログで更新したいと思います。

南原貴裕曰く、陰陽師安倍晴明ツアーで最初に訪れるのが
「鉄輪の井戸」と呼ばれるところ。
こちらは鬼と化すほど狂おしい恋をしてしまう井戸となっており、
夫婦の妻が鬼女になってしまい、
夫が安倍晴明に呪いを解いて欲しいと助けを求めたとして知られています。

続いて訪れたのが安倍晴明の墓が祀っているとされている長仙院。
こちらは安倍晴明の木像が安置されている寺で、
本堂の片隅に2体の木像と共に置かれている目前の晴明像は、
束帯姿の座像となっています。
狩衣の袖を翻し、眉間にしわを寄せ、鋭い眼光を放っているのが特徴です。

この他にも南原貴裕が絶賛したスポットはたくさんありますが、
今回はここまでにしたいと思います。
この安倍晴明ツアーは陰陽師ゆかりの名所として知られているので、
歴史好きの方なら参加する価値はあると思います。